不動産の売却査定について

不動産の売却査定について

不動産売却をお考えの方へ。まずは売却希望物件の「現在の資産価値」を知ることから始めましょう。
「オリジナル査定売却」の査定はすべて「無料」。査定にあたっては取引事例法を採用しております。さらには近隣物件の売却、成約事例を調査し相場を考慮します。物件それぞれの価値、さらなる付加価値を見出すことで「売却可能な上限価格」での成約に努めています。また査定の際にお客様のご希望やご要望をお伺いし、それぞれにあったプランや売却戦略もお伝えしております。

机上査定 :「机上価格査定書」を作成、お送りいたします(無料)

イメージ

机上査定とは、現地(物件)にお伺いをしない簡易査定のことをいいます。訪問査定に比べると概算価格になります。経験豊富な「オリジナル査定売却」のスタッフが、売却希望物件の情報や不動産市場、周辺環境などを調査した上で、「机上価格査定書」を作成いたします。「机上価格査定書」は査定のご依頼受付後、3営業日以内にメールまたは郵送にてお送りいたします。ご希望の方法をスタッフまでお伝えください。「机上価格査定書」には、「どうしてこの価格なのか」という根拠はもちろん、売主様のご希望条件に沿った成約のプランやノウハウについてもご案内いたします。

訪問査定 :訪問査定価格のご報告と売却プランのご提案(無料)

イメージ

訪問査定とは、実際に現地(売却希望物件)へお伺いし、物件の状態やリフォームの有無、周辺環境、設備の作動状況などの確認をする、机上査定に比べより正確で詳細な査定のことをいいます。訪問査定時には、売主様の物件が他物件よりもどの点に優れどんな付加価値があるのかもご説明いたします。また、机上査定同様、査定価格のご説明にプラスαの、より好条件での成約に導く売却プランもご案内いたします。訪問査定に要するお時間は1時間~2時間ほどいただいております。

査定額はどのようにして決まるかご存知ですか?

イメージ

物件の査定額は、「取引事例比較法」によって決まります。とても難しそうに聞こえますが、実は今までの事例をもとに比較をして算出しているだけなのです。具体的にいうと、不動産会社にはレインズ(REINS)という独自のデータベースがあります。それに登録されている、条件の似た物件の取引事例と比較をし「築年数が○年古いから、少し減らそう」「少し面積が広いから少し加算しよう」といった具合に価格は決められていきます。もっと厳密に決められているイメージでしたが、これが実態です。あとは、査定担当者次第ということになります。ここで言えることは「高い査定額」だったとしても、それだけの理由で不動産会社を決めないこと。あくまでも査定は査定。上記のとおり、査定額は担当者次第。実際にその高い金額で売却可能かどうかを見極めることが重要です。戦略やプランのない高額査定では、結果的に意味がありません。「売主様の希望価格で売却まで到達できるかどうか」が一番大切なのです。

私たち「オリジナル査定売却」は、売却査定方法に対する考え方・プロセスが他社とは全く違います。本来不動産は、比較できるものではありません。唯一無二のものとして、物件一つ一つの価値を見つけ出し、それを正確に把握することで、買主様にご案内することができます。たったそれだけのことですが、この考えのもと売却活動をすると、成約スピードも成約価格の上昇も格段に違うのです。

「オリジナル査定売却」では、国土交通省から採択を受けた不動産売却に必要な要素をシステム化し、売主様に共有しております。その結果、売主様のご希望条件で売却が可能になり、さらには買主様も安心・納得して購入することが可能になります。

物件の売却を考えていらっしゃいましたら、是非一度査定をご依頼ください。机上査定はもちろん、訪問査定で詳細をお伝えいたします。また、現在売却活動中の方もセカンドオピニオンとして当社をご活用ください。